SERVICE & TOPICS サービス・最新トピック

『なぜなぜ5回』の功罪?

『なぜなぜを5回繰り返しましょう』。

会社にお勤めの方は恐らくご存知の方が多いかと思います。国内最大手の自動車メーカー、トヨタ自動車(株)で企業文化として根付いている『トヨタ生産方式』から抜粋したものです。

『なぜなぜ』は業務上で起こっている「曖昧な、抽象的な」事象に対して、なぜなぜを繰り返し行い、事象を具体化、事象の真因を突き止める作業です。

『5回』は経験的に『なぜなぜ』を5回繰り返すと事象の具体化や真因の突き止めが出来るというところから由来しています。したがって5回以内で真因を突き止めれば、それ以上『なぜなぜ』をする必要はありませんし、逆に5回で真因を突き止められなければ、『なぜなぜ』を繰り返す必要があります。

この『なぜなぜ』という作業、信頼性工学や品質工学では『演繹法』という手法で表現されています。FTA(Fault Tree Analysis)などがよく知られています。その逆は『帰納法』という手法でFMEA(Failure Mode and Effect Analysis)などが有名です。

前置きはさておき、タイトルに『功罪』と記しました。『なぜなぜ5回』のどこが悪いのでしょう?

違います。『なぜなぜ5回』は決して悪くありません。むしろ理にかなった『手法』です。前にもブログで紹介しましたが、従来から言われている『定説』『常識』『標準』『当たり前』とされている事象に対して、本当に正しいのか問題提起、課題提起したり、未知の答えを発見する手段として、有効であります。

問題は『なぜなぜ5回』をどのように用いるか、なのです。『なぜなぜ5回』は『手法』にすぎません。『手法』を扱うのはあくまでも人間なのです。扱い方を間違えれば、『なぜなぜ5回』も逆効果になります。

では、どのようなときに『逆効果』になるのでしょうか。

それは『なぜ』という言葉の解釈によって変わります。『トヨタ生産方式』で使われている『なぜなぜ』は真因の追究、事実や実態を突き止める、明らかにする目的で使われています。これは業務の現場での扱いとして正しいです。

一方、他人への叱責や自身の主張が通らないときにも、『なぜ』という言葉が出てくる場合があります。これは人間の『承認欲求』に起因して発せられる言葉です。そうです。『承認欲求』が混じると厄介になります。『承認欲求』は事実や実態とは異なります。単なる個人の価値観にすぎません。個人の価値観を『なぜなぜ』という言葉で強制する行為であり、トラブルの原因にもなります。

『なぜなぜ』はあくまでも『手法』であり、『手法』を正しく扱うこと、運用することが重要なのです。