SERVICE & TOPICS サービス・最新トピック

『人間のコミュニケーション』と『手法・ツール間』のコミュニケーション

『人間のコミュニケーション』と『手法・ツール間』のコミュニケーション

先日、安全コンセプト記述言語(SCDL)のサブWGに委員として出席しました。安全開発を推進する者として「一応真面目に検討会に参加してますよ」的アピールです(笑)。

世の中には色々な手法、ツールが存在しますが、全てのことを出来る万能なものは存在しておりません。SCDLやUML、SysMLといったモデル言語(準形式記述手法)然り、C、C++、C#、HTML、JAVA、Pythonなどのコンピュータ言語然り。

なので、開発の現場において、様々な開発手法や開発ツールを連携させてアウトプットの創出やプロジェクトの達成に結び付けています。

しかし、、、人と人との会話(理解齟齬)もそうですが、手法・ツール間の連携(互換性)も実は課題だらけなんですよ

私が参加している本活動は上記の課題を解決するための基本的な考え方をまとめ、スムーズに開発を進捗させる、支援する目的で業界を跨いだ検討活動を行っております。

ちょっとしたボヤキでした(笑)。