SERVICE & TOPICS サービス・最新トピック

【必見!】とある会社の新人営業マンの話

【必見!】とある会社の新人営業マンの話

先月、名古屋に出張に行ったときに、名古屋にある某会社の新人営業マンと商談の機会がありました。

今日はその新人営業マンのお話をしたいと思います。

「なぜその話をするのか」というと、我々いわゆる社会人の先輩たちも見習うべきところがあると感じたからにほかなりません。

新人営業マンは職場に配属されて僅か三か月、営業活動の経験も殆どないとのことでした。

先方の上司がWebで弊社の存在を知り、私のところに連絡をされました。たまたま私の名古屋出張と重なり、急遽、現地で商談する機会が生じました。しかし、生憎上司が会議で対応不可だったため、近くで営業活動中の彼に白羽の矢が立ちました。

当然ながら、彼は弊社のことはほとんど知らず、浦島太郎状態だったそうです。

彼と私は某喫茶店で合流し、私より弊社の事業内容を紹介しました。

すると彼は、「中小企業を盛り上げる」「日常生活をより良くする」という弊社のモチベーションに感銘を打たれました。さらに先日発売された雑誌記事の紹介をすると、「えっ、凄いお方じゃないですか?!」とさらに感激されたご様子でした。

当初、私は今回の商談を断るつもりでした。

なぜなら、内容こそ明かせませんが、同様の勧誘が来ており、あからさまに勧誘企業の収益確保が見え見えで、弊社が享受するメリットについて殆ど考慮されていなかったからです。実際、それまで勧誘の電話は全て断っていました。

ただ、今回は違いました。先方の収益はともかく、弊社および先方双方のメリットを十分考慮した上で、応対されたのです。そうです、Win-Winです。今回の先方ー弊社間の契約に関して、先方のモデル事業として指定することにより、先方企業の社会的信頼度向上と弊社の認知度・収益向上の両立を「本気で」行う決意をされました。それに呼応する形で契約を交わしました。当然ながら「モデル事業」である旨、契約書の紙面に掲載されております。

今の業務を始めて約3か月の新人です。今回の契約がどれだけ重いものか、十分に認識されているかは分かりません。しかし、契約締結のために、先方の部長に対して商談の現場から直談判をしている彼は、明らかに本気でした。営業のスキルこそまだまだ未熟ですが、なぜ今の仕事を行っているのか正しく理解しており、お客様視点で仕事に取り組む姿勢に大変好感をもてました。

お客様視点、今の社会人はどれだけ真剣に考えておられるでしょうか? 私含め、彼の姿勢には見習わなければなりません。ベテラン社員も新入社員も関係ありません。

思い返すと最近、今回の彼のような目的意識をしっかり持って、かつ「熱い」「熱血漢」な若者は見たことがありません。我々の会社に採用して、私が持っているスキルを叩き込んで、立派なビジネスパーソンに育てたいと思ったぐらいです。

一方で、

  • 打ち合わせ時間を決定したら、決定した時間内に終了させる。
  • 自身の主観や感情論でなく、他人が理解できるよう、客観的な理論と事実を用いて具体的に説明する。
  • 部長に説明する前に、最も接点の近い上司にレビューして貰う。
  • 長時間、残業しない。

未だ未だできていません。勉強するのみ!

☆お問い合わせはこちら

メールアドレス:ogatoyocla@mountain.ocn.ne.jp

電話番号:090-2207-1899(担当 小笠原)

☆弊社Facebookページ

おおた開発効率化プロジェクト | Facebook

☆弊社サービス一覧

サービス一覧 | おおた開発効率化プロジェクト (ota-develop-eff-proj.com)