SERVICE & TOPICS サービス・最新トピック

マネージメントっていったい何?

マネージメントっていったい何?

今日はマネージャーの役割(マネージメント)についてお話しします。

マネージメントは作業内容が多岐にわたりますが、簡潔に示すと、

組織のプロジェクトを達成するために、

  1. 経営資源(ヒト、モノ、カネ、情報)を最大限に活用して、成果を最大化する
  2. 組織のメンバーがプロジェクト達成に注力できるよう、組織内の共通理解を明確にする

この2つで表現できると考えます。この中で『経営資源』はマネージメント次第では『金のなる木』にもなりますし、ただの『ゴミくず』にもなり得るのです。

さらに前に示した『経営資源』の中で最も重要度が高いのは『ヒト』であるのは言うまでもないでしょう。なぜなら『ヒト』は他の経営資源『モノ』『カネ』『情報』をコントロール出来るからです。

では、『ヒト』をどのようにして活用していくか?まずはそれぞれの人が持っている『経験』『体験』『価値観』を最大限に尊重することです。これらは人によって必ず異なるものですから、これだけで情報であったりノウハウが十分に蓄積されるものです。これらはメンバー一人ひとりの頭の中にあるわけですから、何らかのエビデンスに書き記しておくと他のメンバーにも理解されやすいですね。

もう一つは、人が持っている価値観が違うということは、衝突を生む可能性を否定できないですし、最悪プロジェクトの達成ができない可能性もあります。大事なのは組織のメンバーがプロジェクト達成に注力できるよう、マネージメントを行う者が道筋を立ててあげる、横道に逸れたときに軌道修正をしてあげることです。具体的には『目的』『目標』『方針』『ルール』を明確にし、メンバーがこれらに逸脱しないよう見守ることです。決してメンバーの価値観や意見を咎めるのではなく、逸脱しないようサポートに徹することです。人の価値観を尊重することだけは決して忘れないでください。

弊社では組織内のマネージメントに関する相談を随時受け付けております。人の価値観、考え方は違って当然です。咎めるのは効率化とは逆の行為です。だまされたと思って尊重してみましょう。新たな発見があるかもしれませんよ。

☆弊社の基本方針はこちら

当社について (ota-develop-eff-proj.com)