SERVICE & TOPICS サービス・最新トピック

人はマルチタスクが苦手!!

人はマルチタスクが苦手!!

先日2/13の福島県沖を震源とする地震で被災された方々には心よりお見舞い申し上げます。

今日お話しするのは、「人はマルチタスクが苦手」というお話です。

これは過去に旧ホームページでもお話ししたことですが、今日は別の視点でお話ししたいと思います。今回の地震に対する避難活動や新型コロナ対策にも通じるところがあります。

画像をご覧ください。2つのタスク(日~土、1~0を30秒間で書く)を二通りの方法で行った時の総文字数をカウントする実験です。方法は

  1. 1行おきに日~土、1~0の2つのタスクを30秒間繰り返す。
  2. あらかじめそれぞれのタスクを15秒ずつ分けて、分けた時間内で1つのタスクに没頭する。

です。結果は画像の通り、2.の方法の方が文字数を多く書けていることが分かります。そう、人間は複数のタスクを同時に行うのが苦手なのです。過去の投稿では、2つのタスク間に横串を入れてマネージメントしましょう、とお話ししましたが、今日はどちらを優先するかということに着目します。

先日の福島県沖地震で避難場所に避難すべきか、新型コロナ感染を避けるために、自宅待機すべきか、迷われた方が多いと伺っております。ここで最も重要なのは、自身にとって地震、新型コロナのどちらが命の危険が迫るのが早いか、ということです。要するに行動の優先順位を決めてください、ということです。

地震によって、火災、崖崩れなどの危険が迫っているときは、躊躇せず避難することです。避難所でも新型コロナの感染対策はできます。一方、地震による危険が低い場合は引き続き新型コロナ対策を優先すべきです。

優先順位を決めるにあたって必要なのは、客観的な情報です。昨今、SNS等でデマが大量に拡散しております。ただしデマは根拠のない事案であり、感情的な内容が多分に含まれています客観的な情報には感情論の入り込む余地はありません。ご自身でフィルターをかけて客観的な情報を得ることです。別のところで改めて説明いたします。

☆以前の弊社Facebookページからの投稿

(2) Facebook