SERVICE & TOPICS サービス・最新トピック

あなたの手法連携のやり方、間違っていませんか?

あなたの手法連携のやり方、間違っていませんか?

製品開発や技術開発を行う上で、ツールや既存プロセスなどの手法連携を施して、開発高効率化を行っているはずです。しかし、ツールやプロセスの特徴、用途を正しく把握しないと、逆の効果に陥ることもあります。

本セミナーでは『言葉と言語の違い』を足掛かりとして、工学的観点から正しい手法連携の基本的な考え方を説明します。

なお、本セミナーでは2020年11月25日に『安全コンセプト記法研究会・公開カンファレンス』にて弊社が登壇・講演した内容を踏まえながら、実例を多く交えて解説いたします。

【開催日程】

  1. 2021年10月15日(金)19:00~22:00

【セミナー形態】
Web会議システム(Zoom)を使用したオンライン方式。

【参加費用】

  • 一般: 3,000円(割引、税込)
  • 学生: 2,000円(割引、税込)

【申し込み方法】

下記スライドをご参照願います。

【申し込み期限】

セミナー開催の5日前まで

【プログラム】※変更の可能性があります。

  1. 挨拶
  2. セミナーの目的
  3. 私が中学の国語の授業で学んだこと ~言葉とは何か~
  4. 言語解釈の違いを認識する ~日本語と英語の用語解釈の事例~
  5. 言語記述の種類とその正確さ、あいまいさ
  6. コンピュータ言語は実は穴だらけ ~同じC言語のソースコードなのに実機動作が全く違う?!~
  7. 『準形式記述』は完全ではない?!
  8. MBD(モデルベース開発)の落とし穴 ~複数のモデル言語の特徴比較~
  9. 検証手法の種類とその正確さ、あいまいさ
  10. 手法連携の考え方 ~各々の開発手法の特徴を捉え、メリットを生かす~
  11. システムズエンジニアリングの考えを取り入れる ~手法を連携させるのはあくまでも人であり開発者~
  12. 領域を跨ぐプロジェクトを達成するために必要なこと 
  13. まとめ